デリケートゾーンの黒ずみ対策と正しい石鹸の選び方とは

7

デリケートゾーンの黒ずみ対策に適した石鹸とは

果たしてデリケートゾーンの黒ずみ対策には、どのような石けんを使用すると効果があるのでしょうか。デリケートゾーンの悩みだけに店員さんに相談するのも気が引けてしまいます。デリケートゾーンの黒ずみ対策に適した石けんは、天然植物由来石鹸が多く、ネット通販やドラッグストアで入手することができます。殺菌力の高い必要な菌まで排除してしまうので、弱酸性の肌に優しく必要な守る菌を残してくれる石鹸をおすすめします。また、黒ずみには保湿効果が高いものを使用することで、徐々に黒ずみを解消していくことが期待できます。

殺菌力の高い石鹸より、肌を守る菌を残しつつきれいに洗うことができる石鹸がオススメです。黒ずみには保湿効果のあるものを併用することで徐々に解消していくことが期待できます。

今回は、石鹸を選ぶ際のポイントや石鹸を使った正しい洗い方などについてご紹介します。

デリケートゾーン用石鹸と一般的な石鹸の違い

デリケートゾーン用の石鹸と一般の石鹸の違いは、簡単に分別すると弱酸性とアルカリ性の違いです。 一般的な、身体や顔を洗う石鹸はアルカリ性が多いのですが、デリケートゾーン専用の石鹸は弱酸性が主流です。デリケートゾーンは、アルカリ性の物質である尿やおりものなど、常に接触している状況です。そこに、アルカリ性の石鹸やボディーソープを肌に使うと、肌を守るために必要な常駐菌まで落としてしまいます。そのことによって肌にとても負担がかかってしまい、その負担や刺激が黒ずみの悪化を促進していまいます。弱酸性の石鹸の1番のメリットは、肌の弱酸性の状態を守りながら洗えることです。

天然植物由来のデリケートゾーン専用石鹸には、陰部の気になるニオイや痒みを抑制する様々な成分が配合されています。アルカリ性な石鹸のように、香りでごまかすのではなく、臭いの原因菌だけを殺菌する作用があります。気になる生理中の臭いにも効果的です。なかには、香りでごまかすデリケートゾーン専用石鹸も売られています。ですので購入時には成分をよくチェックしてください。臭い対策にはミョウバンやジャムウ、アロエなどの天然植物が配合されているものを使いましょう。黒ずみ対策の場合は、デリケートゾーンの黒ずみの原因でもあるメラニン色素を抑制する成分、ジャムウや甘草エキス、カミツレエキスなどが配合されているものを選ぶと黒ずみを薄くする効果が期待ができます。黒ずみの場合すぐには効果が現れませんので、継続して使用してください。

必要な常在菌は肌に残しましょう

人の肌には、常在菌が存在しています。中でも表皮ブドウ球菌は、肌にとって大切な菌であり、表皮ブドウ球菌が存在することでバリアを作り肌を守ってくれます。一般的なアルカリ性石鹸は、表皮ブドウ菌などの常駐菌まで洗い流してしまうのです。しかしデリケートゾーン専用石鹸は、肌に必要な表皮ブドウ菌などの常駐菌などは残し、不必要な雑菌だけを洗い流してくれます。さらに、デリケートゾーンには自らを清潔に保つ自浄作用があります。ですので、不必要な雑菌を残したままでも陰部は清潔さを保つことができるのです。