石鹸で解決、デリケートゾーンの黒ずみ対策をしよう

6

他人に相談できない悩み、デリケートゾーンの黒ずみ

デリケートゾーンの黒ずみについて、なかなか他人には相談できずに一人で悩みを抱えていませんか。デリケートゾーンが黒ずんでいると性体験が多いなどという都市伝説(真っ赤な嘘です)もあり、とても気にされている方も多いと思います。でもどう対策していいのかわからないという方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

デリケートゾーンの黒ずみを薄くすることはできないのか、またこれ以上黒ずむんではないかと心配している人の方に、石鹸の利用に特化した対策方法についてお伝えしたいと思います。まずは対策を施す前に、なぜデリケートゾーンに黒ずみができるのか、そのメカニズムについて理解していなければなりません。

デリケートゾーンの黒ずみは当たり前

デリケートゾーンは他人と比較することがなかなかできません。なので自分のデリケートゾーンだけが黒ずんでいると思い込んでいる人も多いのではないのでしょうか。黄色人種である日本人のデリケートゾーンが黒ずんでいる人が多いので安心して、日頃のケアを行うことが大切です。

デリケートゾーンの黒ずみの原因は、メラニン色素によるものです。このメラニン色素の働きは、遺伝、人種、年齢などで差が出ます。白人はメラニン色素の働きがあまり活発ではありません。逆に黒人はメラニン色素の働きが活発です。日本人はその中間に位置していると思ってください。

また、日本人によっても肌のタイプがいろいろとあります。日焼けした際に赤くなるだけで黒くならないタイプ、赤くなった後に黒くなるタイプ、赤くならずに黒くなるタイプなどがあります。中でも赤くならずに黒くなるタイプの人は、メラニン色素の働きが活発なので黒ずみやすいタイプとも言えます。

デリケートゾーンの黒ずみ、そのメカニズム

ではなぜデリケートゾーンが黒ずむのでしょうか。その原因のほとんどが摩擦によるものです。デリケートゾーンの皮膚は非常に薄く、体の中でも最も黒ずみやすい部分なのです。しかもショーツなどの下着との摩擦を毎日繰り返しています。その摩擦が積み重なり、デリケートゾーンが黒ずんでしまいます。

ベルトや下着のゴムなどで締め付けられることが多い腰まわりなどは、日頃から圧迫や摩擦などを受け、黒ずんでいることがよくあります。これは外部から刺激を受けた肌が自分を守ろうとして、メラニン色素という黒ずみの原因となる物質を活発に生成した結果によるものです。デリケートゾーンなども下着などとの摩擦の積み重ねによって、メラニン色素が生成され黒ずんでくるのです。メラニン色素の生成が活発になると、ターンオーバー(肌の新陳代謝)がうまく機能せず、黒ずみがさらに進むことになります。

また、妊娠や出産を機にデリケートゾーンなどの部分が黒ずんでしまうことがあります。通常の黒ずみは、外部の刺激から肌を守ろうとすることが原因になりますが、妊娠時の黒ずみは出産に備えて肌を守ろうとメラニン色素の生成が活発になります。そのため、デリケートゾーン以外にも乳首などの部分も黒ずんだりすることがあります。出産後は半年ほどでターンオーバーが元に戻り黒ずみが薄くなりますが、デリケートゾーンは出産時のダメージも大きく、黒ずみが残ることがあります。

ターンオーバーとは

新陳代謝の中でも肌の新陳代謝についてターンオーバーと言い、表皮の生まれ変わりを意味します。肌は約28日間かけて角化します。角化した肌は角質となり、やがてふけや垢として剥がれていきます。この一連のサイクルがターンオーバーです。

日焼けした肌であれば、ターンオーバーによって肌の色は元に戻ります。しかしデリケートゾーンに関しては、常に下着との摩擦などの刺激を受けているため、このターンオーバーに乱れが生じます。そのためメラニン色素が沈着し、黒ずみとなってしまいます。

また、ホルモンバランスの乱れによって、ターンオーバーがうまく機能しないことがあります。大きく分けると、女性ホルモンはエストロゲン(卵胞ホルモン)と、プロゲストロン(黄体ホルモン)の2種類に分類されます。これらのホルモンによって、約28日間の月経サイクルがコントロールされています。

この2つのホルモンは、肌にとって相反する機能があります。そのためこの2つのホルモンのバランスが悪くなると、ターンオーバーにも悪影響を与えます。

上記のメカニズムについて理解したうえで、デリケートゾーンの黒ずみをケアしていきましょう。