デリケートゾーンの黒ずみ対策の石鹸の保管方法とは

11

デリケートゾーンの黒ずみ対策の石鹸は溶けやすい

デリケートゾーンの黒ずみ対策用の石鹸はそのほとんどが植物由来の天然成分でできています。防腐剤や安定剤等などのを添加物は配合されていないものが多く、普通の石鹸のように、湿気が多く温度の高いお風呂場の石鹸置きに無造作に置いておくと、溶けてしまう可能性があります。最悪な保管状態は、底に水のたまる石鹸置きを使い、お風呂にそのまま放置することです。ちょっと面倒かもしれませんが、使用したらその都度、乾燥している場所に片づけるようにしましょう。

デリケートゾーンの黒ずみ対策用の石鹸は、普通の石鹸に比較しても、決して安いものではないため、正しく、無駄のないように有効に使う必要があります。

使用時にはどうしても湿気の多いお風呂場に置くしかないのですが、その際も水はけのいい石鹸置きを使い、使った後はよく水を切って、乾燥した場所に保管するのが最適です。

デリケートゾーンの黒ずみ対策用の石鹸を無駄に溶かさずにより有効に使用するためには、石鹸置きも最適な物を選びましょう。

おすすめ石鹸置き1

LCラブコスメで「スポンジせっけん置き(皿付き)(ブルー)」という石鹸置きが販売されています。これはスポンジタイプの石鹸置きで、粗めのスポンジでできているため大変水キレが良くなっています。水切れの良いため、石鹸の周りがヌルっとしません。スポンジなので石鹸置きが汚れても、軽く洗い流すだけでケアは簡単なうえ、スポンジで出来ているため、そのまま洗面台などを洗うことができます。大切な石鹸やデリケートゾーンの黒ずみ対策用の溶けやすい石鹸の保管場所としておすすめです。

また、この石鹸置きの下にプラスチックトレイを置けば、はけた水が無造作に流れ出ることもなく、洗面台で保管することも可能になります。プラスチックトレイでなくても100円ショップなどで販売されている、料理用のアルミトレイなどでも代用できます。

何といっても税込価格で380円と安価なところも魅力の一つです。

おすすめ石鹸置き2

続いておすすめの石鹸置きは「レック・ステンレス石けん皿フタ付き置き型 ( ソープディッシュ )」です。この商品はアマゾンなどでも販売されています。

この石鹸置きの最大の特徴はふたが付いていることです。お風呂で使用している時にはどうしてもシャワーのお湯がかかり、少なからず石鹸が溶け出してしまうものです。この「レック・ステンレス石けん皿フタ付き置き型 ( ソープディッシュ )」であれば、石鹸使用時以外は、そのふたによってシャワーのお湯のしぶきから石鹸を守り、溶け出しを防いでくれます。

また、そこの部分もステンレス鋼線でできているので、水が溜まることはなく石鹸が溶けにくい構造となっています。水受けトレーも付いているため洗面台などでの保管が可能です。

値段はアマゾンで1,073円しますが、ステンレス製の石鹸置きなので、決して高いものではありません。

デリケートゾーン黒ずみ対策用石鹸の使い方について

10

デリケートゾーンについて理解しましょう

デリケートゾーン黒ずみ対策用石鹸で、黒ずみを解消したり抑えたりするためには、正しい使い方、洗い方を知っておくのが非常に大切なことです。せっかく購入したデリケートゾーンの黒ずみ対策用石鹸も、その使い方を間違えていれば、黒ずみに対して効果がないばかりでなく、逆にかゆみやかぶれ、特に臭いが気になる生理の時など、その臭いが臭いが余計に強くなってしまうことがあります。

そのためにも、デリケートゾーンについて正しい知識を身につけ、そのうえで正しい洗い方を知り、それを実践することが非常に大切です。みなさんもデリケートゾーンについて理解を深め、正しい洗い方で黒ずみの解消を目指しましょう。

デリケートゾーンの洗い方

デリケートゾーンの皮膚は非常に薄いため、入浴時はとにかく刺激を与えないようにしましょう。そのためには、弱酸性の石鹸を使用することが基本となりますが、「洗い方」にも注意が必要です。ナイロンタオルなどでゴシゴシ洗うことは禁物です。このような洗い方もまたデリケートゾーンに刺激を与えてしまい、黒ずみの原因になります。デリケートゾーンを洗う時には、石鹸は泡立てることで肌の刺激にならない「泡パック」でケアするようにしましょう。

泡パックによる洗い方手順1.弱酸性の石鹸をネットなどで十分に泡立てる
石鹸は必ず弱酸性のものをご利用ください。石鹸はよく泡立てることで汚れを吸着して包み込む作用が増します。泡立てネットを使いキメ細かい泡になるまで、しっかりと泡立てることが大切です。

泡パックによる洗い方手順2.2分以内を目安に洗浄する
ネットで泡立てた石鹸の泡を、デリケートゾーンに乗せるように塗って、長くても2分間放置して泡パックをします。なぜ2分いないかというとそれ以上放置することによって必要な成分も吸着してしまいます。置き時間は2分以内にするようにしてください。

泡パックによる洗い方手順3.洗浄後はぬるま湯で洗い流す
あまりに熱いお湯は、陰部の皮膚の刺激になります。高くても38℃程度のお湯で優しく洗い流しましょう。泡パック洗いは物足りなさを感じるかもしれません。しかし、デリケートゾーンは、泡パックだけでも十分に清潔になりますし、黒ずみの対策をするうえでも決してゴシゴシ洗うようなことはやめてください。

デリケートゾーンを洗う時の注意点

まず注意しなければいけないのが、膣の内部までは洗わないようにすることです。膣の内部には分泌液がありその分泌液には自浄作用のあります。うっかり石鹸で膣の内部まで洗ってしまうと自浄作用のある分泌液まで流してしまい、細菌に感染しやすくなり臭いの原因になってしまいます。

また、洗浄後は肌はバリア機能も洗い流されてしまうことから、黒ずみをケアするためにも必ず保湿を行うようにしましょう。洗浄後は、肌ダメージを受けやすい状態です。保湿効果のある石鹸を使うこともおすすめです。

薬局か通販か、デリケートゾーンの黒ずみ対策石鹸を購入時のメリット、デメリット

9

デリケートゾーンの黒ずみ対策の石鹸はドラッグストア、薬局などで手に入るのでしょうか

デリケートゾーンの黒ずみに悩んでる女性って意外と多いものです。場所が場所だけになかなか人に相談したりはできないですよね。ネット等を見てるとデリケートゾーンの黒ずみで悩んでる女性は結構いるものです。

病院等に行くという手もありますがそれほどのことではないし、そこまでひどい症状ではない場合は、まずは市販品で試してみるのがいいかもしれません。最近では薬局やドラッグストアにもデリケートゾーン専用の石鹸が陳列されていることが以前に比べて多いようです。でも薬局やドラッグストアなどで購入するのは恥ずかしさもあります。そんな時に便利なのが通販ですね。通販なら誰にも知られずにデリケートゾーンの黒ずみの対策をこっそり出来ます。

薬局やドラッグストアと通信販売を利用する際のメリットとデメリットを考えてみましょう。

薬局、ドラッグストアで購入する際のメリットとデメリット

薬局やドラッグストアでデリケートゾーンの黒ずみ対策用品を購入する際のメリットは、まず商品がすぐ手に入ることです。概ね生理用品の近辺に陳列していることが多いようです。また、購入の際に送料がかからないのも大きなメリットです。

薬局やドラッグストアでの購入時には薬局やドラッグストアの店員さんと直接顔をあわせることになりますが、店員さんが顔見知りで会ったり、よほど馴染みのお店でなければ、個人情報を知られることはありません。会員カードなどを作る際にも、個人情報をあれこれと聞いてくることもないので、その点では安心です。

今度はデメリットについて考えてみましょう。なんといっても最大のデメリットは、品数が少ないことです。デリケートゾーンの臭い対策の商品は陳列されているが、デリケートゾーンの黒ずみ対策用の陳列されていないということも考えられます。またネット通販と違い口コミによる評判などの情報を得ることができません。薬局やドラッグストアの店員さんに聞くのも勇気がいる行動です。

店頭にあれば気軽に購入することができるのが、薬局やドラッグストアの最大のメリットのようです。

ネット通販で購入する際のメリットとデメリット

ネット通販でデリケートゾーンの黒ずみ対策用品を購入する際のメリットは、なんといってもその種類の豊富さです。種類が豊富なゆえにどの商品にするかを迷ってしまうこともあと思いますが、口コミなどの情報もネット上には溢れています。予算、口コミ、用途に合わせて商品を選ぶことが可能です。

逆にネット通販での購入のデメリットは、購入先がきちんとしたお店であるかどうかがわかりづらいところです。そういう場合はその商品購入時に申し込みフォームのページのURLが「https」で始まっているかどうかを確認してください。絶対ではありませんが、ページのURLが「https」で始まっていれば、そのページが第三者機関によって、きちんとしたページであることが証明されているからです。クレジットカードなどの重要な個人情報を入力する場合は特に気をつけてください。

またネット通販での購入の場合には送料がかかることがあります。薬局やドラッグストアで購入する場合にはないデメリットです。

それぞれのメリット、デメリットを理解したうえで購入することをおすすめします。

医師が選んだデリケートゾーンの黒ずみ用石鹸ランキング

8

デリケートゾーンの黒ずみ用石鹸は成分を確認しましょう

一口にデリケートゾーン用の石鹸といっても、数多くの種類が販売されています。香料で臭いをごまかすタイプの石鹸や、黒ずみ対策の成分が配合されておらず黒ずみには全く効果のない石鹸もあります。黒ずみ対策には、黒ずみ対策に適した成分が配合されている石鹸やソープを選ぶ必要があります。

デリケートゾーンの黒ずみ対策石鹸の成分として、ジャムウという言葉をよく目にします。このジャムウというのは、インドネシアに古くから伝わる植物の実や皮、葉っぱや根などのハーブが主原料の民間伝承薬です。ですので、ジャムウというのは石鹸のメーカーによって成分が異なります。植物由来の成分で体に優しいのが特徴で、デリケートゾーンの黒ずみにも効果があるとされています。ただし、ジャムウ配合であっても、様々なハーブが複合されているので、その中身はメーカーによって異なります。

今回はデリーケートゾーンの黒ずみに効果があるとされ石鹸ベスト3をランキング形式でご紹介します。

医師がすすめるデリケートゾーンの黒ずみ専用石鹸ランキング

医師がすすめるデリケートゾーンの黒ずみ対策石鹸ランキング第1位:シークレットレディジャムウソープ(100g・1,955円)
黒ずみ対策成分だけではなく臭い対策成分などが豊富に配合されています。また、ムダ毛抑制が期待できる成分であるパパイン酵素なども配合されており、全てのデリケートゾーンの悩みを解消してくれる万能デリケートゾーン石鹸です。コストパフォーマンスに優れていても、泡立ちや香りも非常に良いため、気持ちよく使用することができるおすすめの製品です。

医師がすすめるデリケートゾーンの黒ずみ対策石鹸ランキング第2位:ANNBEAUTEフェミニーナウォッシュ(150ml・3,980円)
この石鹸の特徴は、質の良いオーガニック成分を使用しているため、価格はやや高くなりますが、保湿作用が高く、乾燥や摩耗による黒ずみの悪化を防ぐ作用があります。黒ずみ以外にも臭い、かゆみの解消にも向いていて、また、ボディーソープタイプの為、固形摂家に比べ使いやすいのも特徴です。

医師がすすめるデリケートゾーンの黒ずみ対策石鹸ランキング第3位:LC‘sジャムウハーバルソープ (64g・1,900円)
この石鹸の最大の特徴は無香料という点です。ジャムウが配合されているため、黒ずみの解消に期待ができます。日頃から無香料の石鹸を使用している方におすすめの製品です。

デリケートゾーン専用石鹸といっても効果は様々

デリケートゾーン専用石鹸といっても、臭いに適しているものや黒ずみ対策に効果が期待できるもの、脱毛効果があるものなど、それぞれの製品によって特徴があります。今回は、中でもデリケートゾーンの黒ずみに効果が期待できる石鹸をランキング形式にしてみましたが、費用対効果や使いやすさ、香りなどの好みなどがあると思いますので、それぞれ試してみるのも良いかもしれません。

デリケートゾーンの黒ずみ対策と正しい石鹸の選び方とは

7

デリケートゾーンの黒ずみ対策に適した石鹸とは

果たしてデリケートゾーンの黒ずみ対策には、どのような石けんを使用すると効果があるのでしょうか。デリケートゾーンの悩みだけに店員さんに相談するのも気が引けてしまいます。デリケートゾーンの黒ずみ対策に適した石けんは、天然植物由来石鹸が多く、ネット通販やドラッグストアで入手することができます。殺菌力の高い必要な菌まで排除してしまうので、弱酸性の肌に優しく必要な守る菌を残してくれる石鹸をおすすめします。また、黒ずみには保湿効果が高いものを使用することで、徐々に黒ずみを解消していくことが期待できます。

殺菌力の高い石鹸より、肌を守る菌を残しつつきれいに洗うことができる石鹸がオススメです。黒ずみには保湿効果のあるものを併用することで徐々に解消していくことが期待できます。

今回は、石鹸を選ぶ際のポイントや石鹸を使った正しい洗い方などについてご紹介します。

デリケートゾーン用石鹸と一般的な石鹸の違い

デリケートゾーン用の石鹸と一般の石鹸の違いは、簡単に分別すると弱酸性とアルカリ性の違いです。 一般的な、身体や顔を洗う石鹸はアルカリ性が多いのですが、デリケートゾーン専用の石鹸は弱酸性が主流です。デリケートゾーンは、アルカリ性の物質である尿やおりものなど、常に接触している状況です。そこに、アルカリ性の石鹸やボディーソープを肌に使うと、肌を守るために必要な常駐菌まで落としてしまいます。そのことによって肌にとても負担がかかってしまい、その負担や刺激が黒ずみの悪化を促進していまいます。弱酸性の石鹸の1番のメリットは、肌の弱酸性の状態を守りながら洗えることです。

天然植物由来のデリケートゾーン専用石鹸には、陰部の気になるニオイや痒みを抑制する様々な成分が配合されています。アルカリ性な石鹸のように、香りでごまかすのではなく、臭いの原因菌だけを殺菌する作用があります。気になる生理中の臭いにも効果的です。なかには、香りでごまかすデリケートゾーン専用石鹸も売られています。ですので購入時には成分をよくチェックしてください。臭い対策にはミョウバンやジャムウ、アロエなどの天然植物が配合されているものを使いましょう。黒ずみ対策の場合は、デリケートゾーンの黒ずみの原因でもあるメラニン色素を抑制する成分、ジャムウや甘草エキス、カミツレエキスなどが配合されているものを選ぶと黒ずみを薄くする効果が期待ができます。黒ずみの場合すぐには効果が現れませんので、継続して使用してください。

必要な常在菌は肌に残しましょう

人の肌には、常在菌が存在しています。中でも表皮ブドウ球菌は、肌にとって大切な菌であり、表皮ブドウ球菌が存在することでバリアを作り肌を守ってくれます。一般的なアルカリ性石鹸は、表皮ブドウ菌などの常駐菌まで洗い流してしまうのです。しかしデリケートゾーン専用石鹸は、肌に必要な表皮ブドウ菌などの常駐菌などは残し、不必要な雑菌だけを洗い流してくれます。さらに、デリケートゾーンには自らを清潔に保つ自浄作用があります。ですので、不必要な雑菌を残したままでも陰部は清潔さを保つことができるのです。

石鹸で解決、デリケートゾーンの黒ずみ対策をしよう

6

他人に相談できない悩み、デリケートゾーンの黒ずみ

デリケートゾーンの黒ずみについて、なかなか他人には相談できずに一人で悩みを抱えていませんか。デリケートゾーンが黒ずんでいると性体験が多いなどという都市伝説(真っ赤な嘘です)もあり、とても気にされている方も多いと思います。でもどう対策していいのかわからないという方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

デリケートゾーンの黒ずみを薄くすることはできないのか、またこれ以上黒ずむんではないかと心配している人の方に、石鹸の利用に特化した対策方法についてお伝えしたいと思います。まずは対策を施す前に、なぜデリケートゾーンに黒ずみができるのか、そのメカニズムについて理解していなければなりません。

デリケートゾーンの黒ずみは当たり前

デリケートゾーンは他人と比較することがなかなかできません。なので自分のデリケートゾーンだけが黒ずんでいると思い込んでいる人も多いのではないのでしょうか。黄色人種である日本人のデリケートゾーンが黒ずんでいる人が多いので安心して、日頃のケアを行うことが大切です。

デリケートゾーンの黒ずみの原因は、メラニン色素によるものです。このメラニン色素の働きは、遺伝、人種、年齢などで差が出ます。白人はメラニン色素の働きがあまり活発ではありません。逆に黒人はメラニン色素の働きが活発です。日本人はその中間に位置していると思ってください。

また、日本人によっても肌のタイプがいろいろとあります。日焼けした際に赤くなるだけで黒くならないタイプ、赤くなった後に黒くなるタイプ、赤くならずに黒くなるタイプなどがあります。中でも赤くならずに黒くなるタイプの人は、メラニン色素の働きが活発なので黒ずみやすいタイプとも言えます。

デリケートゾーンの黒ずみ、そのメカニズム

ではなぜデリケートゾーンが黒ずむのでしょうか。その原因のほとんどが摩擦によるものです。デリケートゾーンの皮膚は非常に薄く、体の中でも最も黒ずみやすい部分なのです。しかもショーツなどの下着との摩擦を毎日繰り返しています。その摩擦が積み重なり、デリケートゾーンが黒ずんでしまいます。

ベルトや下着のゴムなどで締め付けられることが多い腰まわりなどは、日頃から圧迫や摩擦などを受け、黒ずんでいることがよくあります。これは外部から刺激を受けた肌が自分を守ろうとして、メラニン色素という黒ずみの原因となる物質を活発に生成した結果によるものです。デリケートゾーンなども下着などとの摩擦の積み重ねによって、メラニン色素が生成され黒ずんでくるのです。メラニン色素の生成が活発になると、ターンオーバー(肌の新陳代謝)がうまく機能せず、黒ずみがさらに進むことになります。

また、妊娠や出産を機にデリケートゾーンなどの部分が黒ずんでしまうことがあります。通常の黒ずみは、外部の刺激から肌を守ろうとすることが原因になりますが、妊娠時の黒ずみは出産に備えて肌を守ろうとメラニン色素の生成が活発になります。そのため、デリケートゾーン以外にも乳首などの部分も黒ずんだりすることがあります。出産後は半年ほどでターンオーバーが元に戻り黒ずみが薄くなりますが、デリケートゾーンは出産時のダメージも大きく、黒ずみが残ることがあります。

ターンオーバーとは

新陳代謝の中でも肌の新陳代謝についてターンオーバーと言い、表皮の生まれ変わりを意味します。肌は約28日間かけて角化します。角化した肌は角質となり、やがてふけや垢として剥がれていきます。この一連のサイクルがターンオーバーです。

日焼けした肌であれば、ターンオーバーによって肌の色は元に戻ります。しかしデリケートゾーンに関しては、常に下着との摩擦などの刺激を受けているため、このターンオーバーに乱れが生じます。そのためメラニン色素が沈着し、黒ずみとなってしまいます。

また、ホルモンバランスの乱れによって、ターンオーバーがうまく機能しないことがあります。大きく分けると、女性ホルモンはエストロゲン(卵胞ホルモン)と、プロゲストロン(黄体ホルモン)の2種類に分類されます。これらのホルモンによって、約28日間の月経サイクルがコントロールされています。

この2つのホルモンは、肌にとって相反する機能があります。そのためこの2つのホルモンのバランスが悪くなると、ターンオーバーにも悪影響を与えます。

上記のメカニズムについて理解したうえで、デリケートゾーンの黒ずみをケアしていきましょう。